発電機EF7Hが動かないときの確認

正月明け発電機に久々に活を入れようと動かすが一向に動く気配がない。

YAMAHAのEF7Hという発電機

インバーターもついてないので能力的にはイマイチ。
最大100Vの7.1Aなので大きい工具は動かせない程度の性能。

  • 燃料の確認
  • メインスイッチをONにする
  • 燃料コックを縦にする
  • チョークを引く
  • ひたすら引っ張る

とりあえず試して すべてダメだった場合
燃料の交換 あるいはつぎ足し
プラグ清掃 プラグを外してバーナーであぶり真鍮ブラシでこすり
あるいは交換する
燃料ホースの確認 燃料がキャブレターまで回っているか確認
エアークリーナーの清掃 または交換(今回は交換)
キャブレター入口からキャブクリーナー清掃

それでも掛からない場合は
キャブレター分解。シングルキャブなので簡単に分解
エアクリーナー内のボルト三点抜いたら簡単に外れて

そしてキャブレターのフロート室内で

燃料吸い込み口が見事に詰まっていたので
ステンレスワイヤを切ってグリグリとねじ込んで
穴を通して再度組付け

組付け完了後に燃料にフューエルワンを添加して
再始動。絶好調にエンジンがかかりました!
しかし、ここまでキャブクリーナーを入れて掃除したエンジンオイルも
何年前に交換したのか覚えていないので劣化してるだろうと思い
エーゼットのアドレス用に買っておいた10w-40と大型バイクの余りの15w-50を
6:4で混ぜてオイル交換。
余りも使わなきゃもったいない!!!

というわけで動いてよかったヤレヤレな話。

インバーターつきの発電機にならなくて残念でもあるが仕方ないような話。

DIY
スポンサーリンク
Motablog

コメント