コンプレッサー半世紀ぶりに交換

アネスト岩田プルート

単相200Vで使える。世にあまりない形のコンプレッサー

家にある電源のコンセントが引掛3P

接地のないやつを探すが苦労したけど

そして電源を入れてみた

 

はやい ものすごくはやい

200Vの力か

明治機械製作所のほぼ半世紀前のコンプレッサーからの交換だからか

あっという間に0.8までモーターがリズミカルに動いて

ベルトを回し軽快な音を立ててエンジンが振動してる

 

そして既設していた位置と反対側に200vの電源があったのでホースを取りまわして

接続完了!

 

半世紀を経てもオイルでベルト式にした理由は

これだけ持ったロングライフ化は素晴らしいの一言につきる

 

あとは焼きつかないようにオイルの管理だけだね

 

DIY
スポンサーリンク
Motablog

コメント